◆在外選挙

 

 在外選挙制度により日本の国政選挙の投票を行うためには、あらかじめ在外選挙人名簿に登録し在外選挙人証を取得する必要があります。投票は、在外公館投票、郵便投票、日本国内での投票のいずれかから選択することができます。

 

(1)登録資格


 ①満18歳以上で日本国籍を持っている方(重国籍の方も含みます。)。
 ②当館の選挙管轄区域内に3ヶ月以上継続して居住している方。

オレゴン州、アイダホ州南部(Adams郡、Valley郡及びLemhi郡以南の地域)及びワシントン州クラーク郡

 

(2)登録方法


 申請者本人または申請者の同居家族(在留届によって届け出られている同居家族)が、在外選挙人名簿登録申請書等の必要事項を記入の上、当館に提出してください。提出に必要な書類は次のとおりです。


申請者本人が提出する場合


□在外選挙人名簿登録申請書 1通
□現在有効なパスポート
□当館選挙管轄地域内に3ヶ月以上住んでいることを証明する書類(運転免許証、住居の契約書、公共料金の請求書等。ただし、3ヶ月以上前に在留届を提出している方は不要です。)。

 

同居家族が提出する場合


□在外選挙人名簿登録申請書 1通(申請者本人の署名が必要です)
□申請者及び提出者双方の現在有効なパスポート

□当館選挙管轄地域内に3ヶ月以上住んでいることを証明する書類(運転免許証、住居の契約書、公共料金の請求書等。ただし、3ヶ月以上前に在留届を提出している方は不要です。)。
□申請者から登録申請を行うことについて委任を受けていることを証す申出書 1通

 

(3)申請書の入手方法


 在外選挙人登録申請書は当館窓口で入手可能なほか、次のウェブサイトからダウンロードすることができます。

http://www.soumu.go.jp/senkyo/zaigai6.html

 

(4)在外選挙人証の記載事項の変更


 在外選挙人証をお持ちの方で、住所や氏名などの記載事項に変更があった場合は、在外選挙人証記載事項変更届出書に必要事項を記入し、在外選挙人証とともに提出してください。住所変更の場合は、新しい住所を証明する書類(運転免許証、住居の契約書、公共料金の請求書等)の提出も必要です。

 

・在外選挙制度については、次の外務省ホームページでもご案内しておりますので、ご覧ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/index.html

 

(5)その他


●出国時登録申請制度

 

従来,在外選挙人名簿登録申請は,在外公館の窓口に出向いて行う必要がありましたが,2018年6月1日以降,最終住所地の市区町村の選挙管理委員会選挙人名簿に登録されている方が,当該市区町村から直接国外に転出する場合には,国外転出時に,当該市区町村の選挙管理委員会に対して申請(出国時申請)を行うことができるようになりました。詳しくは総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp/senkyo/netsenkyo.html)を御参照ください。
なお,市区町村に転出届を提出して既に住所を海外に移しており,在外選挙人名簿に登録されていない方は,出国時申請を行うことはできませんが,従来どおり,当事務所で上記方法により登録申請を行うことができます。



法的事項 | アクセシビリティーについて | プライバシーポリシー

Copyright © 2013 Consular Office of Japan in Portland